亀城公園(旧土浦城)

土浦城の本丸と二の丸の一部を整備して造園された城址公園です。土浦城の築城は室町時代と言われ、堀に囲まれた城の姿が水に浮かぶ亀のように見えたことから「亀城」と呼ばれていました。

城郭建築の遺構としては関東唯一の江戸前期に作られた櫓門(やぐらもん)をはじめ、貴重な歴史建造物を見ることができ、東櫓は資料館になっており、土浦の歴史や文化を知ることが出来ます。

また、桜の時期には「桜まつり」が開催され、野立や演奏会などが行われます。

所在地
茨城県土浦市中央1-13
交通
JR土浦駅西口 徒歩15分 またはバス「亀城公園前」下車すぐ
常磐自動車道 「桜土浦IC」 より約20分