土浦全国競技花火大会

東日本大震災復興祈願 第80回記念土浦全国花火競技大会

[ 開催日時 ]
平成23年10月1日(土) 午後6時~8時30分頃
※荒天順延 【延期日は状況に応じて翌日の日曜日、翌週の土曜日、翌週の日曜日、翌週の月曜日(体育の日)…のいずれかに延期】
[ 開催会場 ]
桜川畔(学園大橋付近)

大正14年から続く歴史ある花火競技大会で、毎年10月の第一土曜日(雨天時は翌日に順延)に開催されます。

日本三大花火大会の1つに数えられ、秋田・大曲の大会と並ぶ日本の二大競技大会とされています。

当日は、全国から選ばれた花火師が集結し、自らの腕と誇りをかけて技を競い合います。 競技種目は、スターマイン、尺玉(10号玉)による割物一発、創造花火(5号玉7発早打ち形式)の3部門。他にも、余興花火や広告仕掛け花火もあり、計2万発が秋の夜空に打ち上げられます。会場は桜川河川敷(学園大橋付近) です。

この花火大会のはじまりは1925年、神龍寺の秋元梅峯住職が当時霞ヶ浦にあった霞ヶ浦海軍航空隊の航空殉難の霊を慰めるとともに、不況で疲弊した土浦の経済を活性化するという趣旨で行ったのが始まりとされています。第二次世界大戦の中断を経て、「土浦全国花火競技大会」と名を変え、現在に至っています。

所在地
茨城県土浦市  桜川畔(学園大橋付近)
交通
JR土浦駅 徒歩約30分 (土浦駅 臨時有料シャトルバス10分)
常磐自動車道 「桜土浦IC」 より約20分